八王子の不動産売却は【八王子不動産売却エージェント】へ

不動産売却時に謄本の所有者住所を確認しましょう

公開日:2021/08/12

カテゴリー:売却活動での注意点

おはようございます

八王子不動産売却エージェントの濱口です。

 

不動産を売却される時には、決済時に

司法書士が必要書類を確認してから

決済を行い、移転登記をし所有者変更をしますが

謄本(全部事項証明書)の所有者住所が

『旧住所』になっていることがあります。

謄本の見本です

謄本の見本です

 

赤枠の部分が『旧住所』だと。。。

赤枠の部分が『旧住所』だと。。。

所有者の登記住所は所有した際には

まだ引っ越す前の時点がほとんどで

当記時の住所で登記するのが一般的

その後、売却するまでに不動産を担保に

融資を受けるようなことがなければ

『旧住所』のままであることがほとんどです。

でも、全然問題ありません。

決済前に住民票や戸籍の附票などを合わせて

司法書士に確認してもらい旧住所との紐付けを行い

移転登記時に一緒に司法書士が住所変更してくれます。

ただ、費用は数万円(まぁ大体2~3万円くらい)かかります。

不動産売却の際に『旧住所』のままでしたら

『決済時に数万円費用がかかるんだな』

覚えておいていただけたら幸いです。

 

私は謄本取得した際に気づいたら

売主様に伝えるようにしています。

費用がかかることですのでね(^_^;)

 

八王子不動産売却エージェント

株式会社Room’s Bar

東京都知事免許(2)第93444号

〒192-0904
東京都八王子市子安町4-27-12 山上ビル103
TEL:042-625-6446


営業時間:10:00 AM - 6:00 PM
定休日:水曜日

Copyright © All rights Reserved by株式会社Room’s Bar